高原建設 テクノストラクチャー 新築 住宅 リフォーム 耐震住宅 耐震設計 秋田県由利本荘市

TEL:184-22-0553
facebook

私たちは、パナソニックビルダーズグループ。 地元 秋田の優良ハウスビルダーです。当社がパナソニック電工のノウハウを活用して良質な住まいをお届けします。

テクノストラクチャー

  1. トップページ
  2. テクノストラクチャー
  3. 最高等級の耐震性能

最高等級の耐震性能

自動躯体設計システムによる綿密な構造計算

近年、木造住宅でも構造設計や構造計算の重要性が叫ばれ、構造設計の実施をうたう住宅が増えてきています。
しかし、ひと口に構造設計と言っても、その内容はさまざまで、そのほとんどが、家としての最低限の条件を満たすために、法律で定められている基準のみをクリアする壁量計算と呼ばれるものです。

テクノストラクチャーでは、法律で定められた壁量計算だけでは不十分と考え、より高度で多角的な『3D解析』で311項目ものチェックを実施し、構造的に負担のかかるあらゆる部位の強度と、住まい全体のバランスを十分に確保できるようにしました。

厳しい自然条件と、地域特有の設計条件に適応して構造設計(災害シュミレーション)を実施。

地震に対する危険性は地域によって異なります。
そこで法律では、過去の地震の記録から各地域の「地震地域係数」が設定した耐震設計を行っております。

台風の頻度、最大風速の大小といった過去の気象データを基に、全国の市区町村ごとに「基準風速」が定められています。
テクノストラクチャーでは、この基準風速と、風と受ける外壁の面積を考慮して耐風設計を行います。

積雪量の違いにより、「垂直最深積雪量」が地域ごとに定められています。
テクノストラクチャーでは、この「垂直最深積雪量」を考えた耐雪設計を行います。特に多雪地域の場合、雪が積もった状態で地震が発生した場合も想定し構造設計しています。

独自のテクノ接合器具による強靭な接合仕様。

一般的な木の家は、木の材料を切り欠いて部材と部材を接合します。
このため、接合部の木材は部分的に細くなってしまい、その箇所が 地震等で割れて建物の倒壊を招く例も多く見られました。
テクノストラクチャーでは木材の切り欠きをできるだけ減らし、素材の力を引き出す金具接合仕様を採用、施工者によって強度にバラツキが出ることも少なく、接合部での安定した高強度を実現しました。

【テクノストラクチャー構造部材】
テクノストラクチャーは従来木造軸組工法を、現代のテクノロジーで強化した新しい、木造工法です。
テクノビームをはじめ、接合部、壁、床、基礎はもちろん、釘一本の細かな部材まで仕様を規定して確かな強度を追求しています。ひとつひとつの部材や金物が、高品質で安定した構造性能をつくり だし、テクノストラクチャーの構造強度を裏付けているのです。

テクノストラクチャーのシステム

最高等級の耐震性能
自由設計と選べるスタイル
環境に配慮した設備
信頼のパナソニックブランド
テクノストラクチャーQ&A
Conract
お問い合わせ・無料カタログ請求
お問い合わせ
無料カタログ請求
Zero Emission House builder ZEH29B-00308-CR
ZEHビルダーへの取り組みフォルカーサのZEH住宅 フォルカーサゼロ
高原建設の家づくり日記
テクノストラクチャー早わかり
パナソニック耐震住宅工法 テクノストラクチャー
テクノストラクチャーのTVCM
無料カタログプレゼント
高原建設株式会社

〒015-0011
秋田県由利本荘市石脇字石脇18番地

0184-22-0553
コンセプト
沿革
アクセス
お問い合わせ
無料カタログ請求

ページトップへ戻る

Copyright (c) TAKAHARA Construction Ltd.All rights reserved.